さまざまな種類の腫瘍マーカーの迅速検査

腫瘍マーカーは、がん細胞またはがんに反応して身体によって産生される物質です。これらのマーカーは血液、尿、または組織サンプルから検出でき、特定の種類のがんを患っている人ではそのレベルが上昇する可能性があります。腫瘍マーカーは、がんの診断、予後、治療反応のモニタリング、再発の検出など、さまざまな目的で使用されています。

一般的な腫瘍マーカーについて簡単に紹介します。

1.癌胎児性抗原 (CEA): 主に結腸直腸癌およびその他の消化器腫瘍に関連しますが、膵臓癌、胃癌、乳癌などの他の癌でも上昇する可能性があります。

2.前立腺特異抗原 (PSA): 主に前立腺がんのスクリーニングとモニタリングに使用されます。

3. アルファフェトプロテイン (AFP): 肝細胞癌 (肝臓癌) および特定の胎児異常に関連しており、肝臓癌のスクリーニングとモニタリングに一般的に使用されます。

3. がん抗原 125 (CA-125): 卵巣がんに関連しており、通常、卵巣がんにおける治療反応のモニタリングと評価に使用されます。

4. がん抗原 15-3 (CA 15-3): 乳がんに関連しており、特に乳がん患者における疾患の進行と治療反応をモニタリングするために使用されます。

5. 癌抗原 19-9 (CA 19-9): 膵臓癌およびその他の消化器腫瘍に関連します。

6.便潜血(FOB):結腸直腸がんやその他の消化管出血疾患などの胃腸疾患を示す可能性がある、便中の隠れた血液を検出します。 FOB 検査は、結腸直腸がんのスクリーニング、特に早期発見プログラムに一般的に使用されます。

7.ヘモグロビン(Hb)およびヘモグロビン-ハプトグロビン複合体(Hb+Hb-Hp):これらのマーカーのレベルの上昇は溶血を示している可能性があり、特定のがんを含むさまざまな状態に関連している可能性があります。ヘモグロビンとその複合体は特異的な腫瘍マーカーではありませんが、診断目的で他の検査と組み合わせて使用​​できます。

 

 

腫瘍マーカー迅速検査は、がんスクリーニング プログラム、治療に対する患者の反応のモニタリング、およびがん再発の検出において貴重なツールとなり得ます。ただし、腫瘍マーカーの存在だけではがんの診断には不十分であり、正確な診断と管理にはさらなる臨床評価と検査が必要になることが多いことに注意することが重要です。さらに、すべてのがんが検出可能なレベルの腫瘍マーカーを生成するわけではないため、これらの検査はすべての種類のがんに適用できるわけではありません。

 


投稿時間: 2024-04-02 17:17:37
  • 前の:
  • 次:
  • メッセージを残してください